未婚のあなたは、どこかで結婚をしたいと感じる時がくるかもしれません。あるいはすでに感じているかもしれません。そこで婚活パーティーの出番です!婚活パーティーというのはメディアなどで聞く機会も多いと思いますが、実際どんなものなのか?本当に理想の相手と出会うことができるのか?探っていきたいと思います。

街コンや合コンはお酒が飲めないと行きづらい?

現代では出会いの場として街コンや合コンに参加することは珍しいことではなく、20代から30代の若者はこういったイベントに抵抗を持っていない人が増えてきていて、どんな異性に出会えるのかというわくわくとした気持ちを持って出会いを探す機会として定着しています。
しかし、こういったコンパはお酒を飲むことが前提になっている風潮があり、体質的にアルコールが飲めなかったりお酒が好きではないという人にとってはハードルが高くなってしまっているのは事実です。
しかし、お酒が飲めない場合でも街コンや合コンで出会いを見つけることは可能です。

まず街コンの場合ですが、街コンは一つの街を舞台にして様々なお店を渡り歩いて参加者同士がコミュニケーションを取るという流れになっていることが一般的です。
そのため参加者は大人数ですがまとまって話をすることは少なく、参加者は友人同士や一人など少数で行動しています。
つまりお酒を飲んでみんなで大騒ぎをするという飲み会のような状態になることはありません。
なので、お酒が飲めない場合はアルコールを提供するバーや居酒屋には行かず喫茶店やレストランなどで異性との出会いを見つければ良いということになります。
そういった場所にいる異性はたいてい同じようにアルコールに弱い人なのです。
気兼ねなく会話をすることができるだけでなく食の好みも合うことが多いため普段から通っている店などの情報を交換したり一緒に行くことを誘うというきっかけも生まれます。
静岡県では街コンが活発に行われています。
なので、趣味の合う人を探すことやお酒の場ではない街コンがあるかもしれません。
ぜひ一度静岡県浜松市の街コン情報を調べてみましょう。

一方、合コンの場合は街コン以上にお酒を飲んでコミュニケーションを取るという文化が出来てしまっているためお酒が飲めない人は居場所がないと考えられています。
しかし、お酒が飲めなくても場を盛り上げることに長けていたり全員の注文を上手くさばけるなど合コンに向いている性格であれば十分に馴染めます。
こういったことには向き不向きがあり、特に大人数が同じ場所にいるわけではない合コンでは盛り上げ役として重宝されるため異性の関心を集めやすくなると言えます。

とはいえ、街コンでも合コンでも体質的にお酒が完全に飲めないというわけでなければ付き合い程度に最初の一杯は飲むようにしましょう。
乾杯をすれば警戒心が解けることに加え、少量でもアルコールが入ることによって人見知りが緩和されたり場を盛り上げることもできるようになります。
積極的にコミュニケーションを取ることには向き不向きがあるためお酒の力を借りることも一つの選択肢になり得ます。