未婚のあなたは、どこかで結婚をしたいと感じる時がくるかもしれません。あるいはすでに感じているかもしれません。そこで婚活パーティーの出番です!婚活パーティーというのはメディアなどで聞く機会も多いと思いますが、実際どんなものなのか?本当に理想の相手と出会うことができるのか?探っていきたいと思います。

年代による婚活パーティーの特徴

婚活パーティーは年代によって、求めることや、集まると人が異なるので、雰囲気やカジュアルさに差が出てきます。
自分はどのような人が参加するパーティーに参加したいのか、また、結婚への本気度に合わせて選ぶことが理想的な出会いにつながります。
自分の年齢はもちろん考慮する必要はありますが、参加者の年代で集まる人の目的がある程度把握できます。
自分の目的と近い人が多く参加するものを選ぶと満足度が高くなります。
参考にするための年代による婚活パーティーの特徴や参加者の意識について説明していきます。

20代向けの婚活パーティーは、結婚への本気度は比較的低い人が集まる傾向があります。
結婚を意識してはいるけれど、たくさんの人と出会ってから一番良い人と付き合いたいと考えている層が多いです。
そのため、連絡先を交換してもすぐに結婚を前提として付き合いを考えるというより、彼氏や彼女の候補を探す気持ちで参加する割合が多いことが特徴です。
カジュアルさがあり、すぐに年収や子どものことを話題にすると気まずい雰囲気になってしまいがちです。

30代は結婚を真剣に考えて婚活パーティーに参加する割合が格段に上がります。
恋愛の相手ではなく結婚前提で付き合いたいという気持ちを持って参加するため、無駄な時間を使うことを避けるタイプが多いことが特徴です。
そのため、出会って間もない段階で具体的な話をしてくる人が多いです。
30代は恋愛経験があまりなく、結婚を意識し始めて婚活パーティーに参加する異性に慣れていないタイプと、20代から何度も参加しているけれど理想の相手に出会えずに疲れを感じているタイプとの二極化が見られます。

40代で婚活パーティーに参加する人は、初心者であるほど本気度が極めて高いです。
ただ、40代になってから婚活パーティーに参加すると理想と現実のギャップに悩むケースが頻出します。
40代男性は20代女性との出会いを求める割合が高いのですが、20代女性が参加するパーティーは、男性参加者の年齢が30代や40代前半に制限されることが多いため希望の婚活パーティーに応募することができない場合もあります。

自分の年齢と異なる年代が主な層になっている婚活パーティーに参加する場合は、求めていることや本気度に差があることを意識することが大切です。
どの年代のパーティーに参加する場合も、初対面でプライベートに深く踏み込む話題は避けて、趣味や好きなことの話をするとスマートです。